ホームひとりごと(ブログ)
ひとりごと(ブログ)
ひとりごと(ブログ):1386
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | ... 70 次のページ»
2014年06月20日

次回の会場となるコース設営のお手伝いに行ってきましたが・・・

あいにくの雨続きでグチャグチャ・・・

 

タッキーは果敢にバハを走行させましたがこの状況w

 

私のサベXSはちょっと走行が無理そうだったので近くの広場で遊びました。

 

そしていきなり 今週のS本さん

オクタンで走行していたらしのですが

 

ミッションが壊れて緊急修理中w

 

そしてジャイロを逆に取り付けていたことが判明!!!

防水しちゃったもんだから作業も大変・・・

取り付けてから気が付くところがさすがです!

 

29日のレースが楽しみですね~^^

2014年06月16日

TCXXのアップグレードパックを組み込みましたので早速テストです。

4ヶ月ぶりのツーリングなので少々不安でした(笑)

 

早速アライメントを取ります。

先ずはいつもとおりツイークを使ってしっかりセット。

 

今回からセッティングホイールにG-FORCE製を使いました。精度良いです。

 

全て作業が終ったらクロスウエイトゲージで確認をしてみました。

まずまずのバランスかと。

時間が限られてたのでここからの追い込みは次回に・・・

 

基本的なセッティングが終ったので走行してみましたが非常に良く走ってくれましたよ!

リアの安定感が高く初期反応が少々緩やかになった感じです。

この動きはラップがいまいちかな~?と思ったんですが確認してみると

なかなか良いラップが出ていました。ちょっと驚きです。

タイヤを更にセレクトするとまだまだ行けそうですね!

オフロードが忙しいのでなかなかツーリングの時間が作れませんでしたが

このマシンはもっと走りたいと思わせてくれましたね~

タッキーお勧めのセットも試してきましたので後日お知らせしたいと思います。

2014年06月10日

TCXXの戦闘力をUPするコンバージョンセットが発売になっています。

メインシャーシ、前後ビッグボアダンパー、前後ダンパーステー、モーターマウント、

分解式になったダブルカルダンジョント、吊り下げ式サーボマウントがセットになっています。

 

ビッグボアダンパーは0.5mmボアが広がっていてピストンも専用品に。

ショートタイプですので従来のTCXXに取り付けの際はダンパーステーも必要になります。

 

そして吊り下げ式のサーボマウント。

これはTCXXのノーマルシャシーに取り付けOKでした。

 

この日はパーツをいろいろと眺めながら従来のパーツと見比べていましたが

走行性能が大きく左右されるパーツばかりなので早くテストしてみたくなりました。

既にコンバージョンを組み込んだTCXXで走行したタッキーの話によると

かなり良いらしいですよ!

 

2014年06月09日

エアレーションとダイアフラムの違いをHDCで再確認してきました。

人工芝の強力なグリップの場合どうなるのでしょうか。

先ずはエアレーション。

エアレーションはいつも使用している状態ですので普通に走行することが出来ました。

ハイサイド対策を施しているD413ですが切り返しで無理をするとハイサイド

ギリギリという感じです。

次に前後ともダイアフラム仕様をテスト。

車高、タイヤ、マシンセットは同一です。

コーナーを何箇所かクリアしたところでハイサイドが起こりやすいことに気が付きました。

ステアリングの反応が少々良くなり、マシンがロールするにつれてグリップが上がる感覚です。

細かなギャップの跳ねについてはそれほど気になりませんでしたが

深くストロークする箇所では引っ掛かる感じは多かったです。

ジャンプの着地ではリアの収まりが悪いことが多くなりました。

タッキーはダイアフラム仕様でスプリングをオプションの1ランク柔らかいものを使用して

バランスが取れているようなので今回テストしたダンパーは純正のスプリングを使用したため

ダンパーの反発力がスプリングを硬くした状況になってしまったようです。

沈み込むとグリップが上がる感覚なのでコーナリング速度を上げたい場合は

いい結果が出るかもしれませんね(あくまでも人工芝路面の場合です)

次回もいろいろとテストしたいと思います。

 

2014年06月04日

ご好評のVspecFLシリーズ

 

6月30日までお好きなスペアローターを1個プレゼントいたします。

標準は12.5mmですが13.0mm又は13.5mmお好きなローターを

ご注文時にお知らせください。数量限定ですのでお早めに^^ 

VspecFLシリーズはこちらをクリック 

※ネット販売限定サービスです

2014年06月03日

レース中ではありましたが、ウイングの位置を変えてテストしてみました。

ウイングの位置を上にすると強烈に押さえつけてくれるはずです。

4連ジャンプの飛距離が短くなりましたのでこの位置はかなり効いていると思います。

各コーナーで少々アンダー気味になってしまったのでHDC、シンタニのような

ハイグリップなコースではスワンマウントが私は好みですね~

スワンマウントをする場合はあざらしウイングも形状的にいい感じです。

頑丈で重量も少々重いためリアのロールを微妙に増やしたい場合にお勧めですよ。

これだけのハイスピードになるとウイング&ボディーの効果はかなり大きいですね。

D413は簡単に位置を変更できますのでセッティングの一つとして是非お試しください。

2014年06月02日

HDCで行われた二次予選に行ってきました。

天気も良くハイサイドな予感(笑)

 

このコースレイアウトでレースを行うのが初めてだったわけですが、上級者でもミス連発

中級者はかなりしんどかったみたいです。

ミス無く行こうと思っても見えないギャップに引っかかり転倒したりイレギュラーなことが多々ありました。

こればっかりはいくら練習しても人工芝の下まで見えないわけで・・・

 

さて、今回はレースが忙しく写真を撮る暇が無かったので文章メインです。

結果から言いますと2WDは2位通過、4WDは5位通過と少々残念な状態になってしまいました。

コースレイアウトが変更になり1日練習したものの、うまくまとめる事が出来なかったためです。

自分のイメージとマシンがかみ合わないときってこんなもんですよね・・・

決勝は2WDが優勝、4WDは2位とまずまずだったのでなんとかなったかなと思いますが。

ついでに両クラスともベストラップ賞をゲット~!(マシンはいいのですよマシンは)

 

それにしても嬉しかったのはD413が1-2-3フィニッシュしたことですね~

最後尾スタートのタクちゃんが優勝!

私はスタートでコケてしまいましたが粘っこく追い上げて2位ゲット。

3位はフロントモーター仕様の杉沢選手でした。杉沢親分はお酒美味しかったでしょうか?(笑)

 

タッキーは私の走らない2WDを見て3ラウンド目の直前に勝手にセット変更。

このセッティングがかなりいい感じで最後の予選で何とかタイムを出すことが出来ました。

ありがと~!久しぶりに2WD楽しいと思ったです。

 

レース後に受信機を積み替えて私のマシンを操縦したタッキーに意見(ダメだし)を聞くことに。

結果は・・・

マシンは相当良い仕上がり。

ただし、良すぎてドライバーがどんどん行けてしまうためミスが多くなってしまうので

もう少しゆるいセットを探したらいいよ。とのこと。

ふむふむ・・・

 

路面がもう少しフラットであればこのセットがかなり速いと思うのですが

HDCはイレギュラーなギャップ(人工芝の下にギャップが隠れている)が多いので

ツーリングのようにマシンを詰めすぎると足をすくわれてしまう場合が多く

今回はそれが敗因の一つになったかもしれませんね。

マシンが最高であるにもかかわらず結果が出せないときってイラつきますね・・・

次回は違った方向でセットアップしていこうと思います。 

2014年05月29日

HDCの2次予選前にセットアップシートを載せますので

D413で出場されるユーザー様は参考にしていただけると幸いです。

他の人工芝コースでフラットな路面の場合は車高を下げていただけると問題ないと思います。

基本的に楽に操作可能なマシンに仕上げてありますので、ここからはお好みで^^

G-FORCEのアンプをご使用されているユーザー様は当日セットアップいたしますので

お気軽に声をおかけください。

これからもっと良く走るようにセット頑張りますよ~。

 

2014年05月28日

6月1日(日)はHDCで二次予選が行われます。

D413を完全に分解してメンテを行いました。

どこが壊れるのか知るためにかなり無理に走らせてきたので

各パーツのヤレが気になったところですが・・・

① サスペンションアームのガタが大きくなっていたので交換

② リアサスペンション(ハブ側)のサスピンが歪んでいたので交換

③ 右リアユニバーサルのダストブーツが切れていたので交換

④ 洗浄してもゴリゴリなベアリングの交換

⑤ スパー交換(砂、ほこり等による磨耗)

くらいでした。

もっと交換が必用かな?と思ったのですが各パーツ意外と丈夫っぽいですね。

ちなみに破損経験のあったパーツは

FRダンパーステーマウント、アッパーデッキ(リア側)、ダンパーキャップ、キャンバープレートです。

長期間かなり無理して壊しましたので通常のクラッシュでは簡単に壊れないかと。

アッパーデッキはパーツの疲労蓄積による破損と思われます。

FRダンパーステーマウントはお湯の中にしばらく入れるかWD40を吹いてしばらく放置することで

プラスチックに粘りが出て割れが防げそうです。是非お試しを。

 

そしてメンテ完了!

 

今回リアアッパーアームの位置を外側にしたかったため、強度が少々不安だったキャンバープレートを

2枚重ねてセットしました。

前々回のテストではこの位置がグリップも安定していていい感じだったのですが

ジャンプで横から落ちたら緩く曲がってしまったので・・・

これなら大丈夫かと。オプションで出そうなパーツですね(笑)

次はRB6をメンテです。

2014年05月27日

これだけは勘弁して~

一部で噂のD214じゃないですよ!4WDのままこのフロントタイヤですよ!

それが普通に走るんですよ。

ハイサイドも収まりなんかいい感じ・・・・

このタイヤを作ったあざらしさんが断ってもしつこく迫ってくるのでやむおえずテスト。

でも絶対イヤだ(笑)

D413は前後のタイヤの回転差を吸収してくれるのでスムーズに走るのがまた・・・

良い子は真似しないこと!

2014年05月26日

土曜日はHDCのコースレイアウトが変更になりましたので行ってきました~

4連ジャンプが復活しました!

今のところ4WDはほぼ毎周、2WDは無風時に一気飛び可能です。

人工芝の高グリップにより強烈な加速で爽快に飛び越えますが、2WDは姿勢制御が難しい・・・

2-2で飛ぶのが無難ですね。

さて今回はダンパーのピストンをテストしてきました。

標準は6個の穴が開いていますが最近流行の2穴(1.6mm)仕様を試しました。

D413のキットには穴の開いていないピストンが入ってますので、それを使ってください。

オイルは6穴仕様より硬くなると思いフロント60→55、リア45→40です。

押した感じは同じくらいですかね~

走行してみると先ほどまで着地で跳ねていた箇所があったのですが一発で収まりました。

急激な入力に対して効果があるようです。

マシンが安定するのでこの仕様は良いと思いました。

さて、HDCNEWレイアウトですが~

皆さん苦労しているようです。 私も含めて(笑)

2次予選のときはとにかくひっくり返らないように戻ってくるのが最優先かと。

リズムを覚えるとヒョイヒョイっとクリアすることがあるのですが、それが何回も続きませんねぇ・・・

前のレイアウトも初めは全然走れてなかったのですが慣れると普通に走行していたので

そのうち慣れるでしょう。

 

こんなマシンも走ってましたよ~^^

ワイルドワン!

カッコいいですね~

 

さて、2次予選に向けてフルメンテを行いますか。

2014年05月22日

来月中旬NEWバッテリーを発売予定です。

モデルチェンジに伴い内部抵抗が更に低くなりパワーがより引き出せます。

 

長年大好評だったVspecLP3700(35C)はいよいよモデルチェンジ!

VspecLP4000(35C) 予価4300円(税別)

 

ツーリング等で抜群のパワーを出していたVspecLP7000も更に高出力化

VspecLP6500(90C) 予価13000円(税別)

大電流を必要とするツーリングに必要な5mmコネクター仕様となっております。

 

オフロードで人気のVspecLP4200(65C)も全日本選手権を前にNEWモデル登場!

VspecLP4400(65C) 予価7500円(税別)

 

そして、サベージFLUX等で圧倒的なハイパワーを見せ付けている3セルバッテリー

Vspec3700(35C)11.1Vですが、こちらもモデルチェンジです。

VspecLP4100(40C)11.1V  予価8500円(税別)

 

ご期待ください!

 

2014年05月20日

hpi江別店にこんなマシンが!

長い!

youtubeで見かける砂丘を登ってくサベみたい(笑)

ところでボディーはどうするんでしょう?!

2014年05月19日

日曜日の午前中はhpi江別店の走行会に参加してきました。

会場はアスファルト路面なのでGPツーリングカーを持ってくるのが正解なんですが

ほとんどがサベージとかバギー系(笑)

 

今回慣らしを行っていた新車のXL 2014モデルですね~

排気量も大きいのでパワフルでしたよ。

 

この日注目のサベージオクタン。

排気音はバハよりうるさいです。エンジンの調整が決まれば楽しそう!

 

会場ではマシンの調整のため同じ光景が(笑)

タッキーはお客様のマシンを調整中。

このマシンは情報誌を買いながら組み立ててく例のやつらしいです。

 

スタッフの田中さんもお客様のマシンを調整中。

 

こちらの方はこの走行会のあとオームサーキットに行くらしいです。

 

この日は寒くて寒くて・・・

防寒着が必要でしたね~ (札幌の予想最高気温11℃)

 

さて、S本さんですが

サベージオクタンをお買い上げになられたそうで

調整に余念がありません。

なかなかエンジンがかからず何度も引っ張り・・・

 

もともと調子の良くない(らしい)右腕の関節を痛めてしまいました。

マシンを壊さず自分の腕を壊すなんて さす・・・・

ちょっと さすがです! とは言えないですね・・・ 言っちゃってますけど。

皆さんもRCで怪我には注意しましょうね(コースマーシャル時に足の筋肉切っちゃうとかね)

私は最近、レース後に腰が痛くなる現象が・・・

 

※午前中はHDCの路面が乾くのを待っていましたがコンディションが良くならず

 D413のテストは中止になりました。

 

2014年05月16日

T特派員よりS本さんのコレクション写真が送られてきました。

 

1日で5本?!ってことでしょうね・・・

 

そしてエンジンまで・・・

 

すぐに新品をご購入

さすがです!

最近はD413のセッティング&練習で走行会に参加できませんが

油断してると撮られますよ(笑)

 

オクタン購入おめでとうございます!!

2014年05月15日

一次予選に出場されたD413をご紹介します。

 

杉沢選手のD413

フロントモーター仕様で安定感抜群でした。

 

弟のD413

キャラステッカーは必ず貼るらしい・・・

 

私のラジマガ号

細かくセットアップしながらデータ収集中です。

 

タッキーのマシン

あまり練習してないくせにベストラップは私とほぼ同じという速さです!

 

たくちゃんのD413

ボディーはこれが良かったそうです。載るんですねw

 

そしてあざらしさんのナナシール。

ステアリング特性がノーマルとは異なっていました。フロントの動きが速い感じです。

 

オープンクラスは18台くらいのエントリーだったのでD413率は非常に高かったですね^^

これからもっと良いセットを出しますのでお楽しみに!

2014年05月14日

今日は2WD編

私は去年と同じRB6を使用しました。

ギヤデフとリアバルクをアルミ製、バッテリー、アンプの搭載位置も変更。

普通な仕上がりです。

 

そしてタッキーのマシン(写真手前)

????

レッドシール2WD仕様です。流行(?)のフロントシャフト抜き。

この日いきなり投入して予選1ラウンド目は思わず微笑む動きでしたが

ラウンドごとにセッティングを行い決勝までにはラップタイムが普通に速くなっていました。

練習走行のときに「そんな出来損ないに負けねえぜ!?」とタッキーに言ったのを

お立ち台下であざらしさんが聞いてました(すみませんw)

レッドシールはもともと2WDっぽいので細いフロントタイヤでもぜんぜん違和感ないですね~

レース終了後に借りたんですがもう少しセットしたらいける気がする・・・

 

さて予選

予選1ラウンド目

そこそこのタイムを・・・毎年思ってるんですが・・・

なんかいまいち・・・

間違ってABS切ってましたねぇ・・・

マシンはまずまずでG-FORCEのSuperSonic5.5Tもいい感じです。

少々下が強いのでプログラムを変更して対応しました。

 

予選2ラウンド目

フロントタイヤの引っかかり感を感じつつ一生懸命走りました。

1ラウンド目よりもスリッパーを緩めたのが良かったのかギャップで変な動きは消えてくれました。

タイヤが小径になったぶん車高を上げたのですがリバウンドがほとんど無くなりました。

次回はダンパーエンドの長いほうを使用してもう少しリバウンド量を増やそうと思います。

 

予選3ラウンド目

予選2ラウンド目の動きがいまいちだったのでフロントのキャンバーを3°→2°に変更。

スリッパーをもう少し緩めアンプのプログラムも見直しました。

マシンの動きはなかなか良くなりミスもありましたが淡々と走行。

このタイムがベストとなり2WDクラスもトップ通過することができました(嬉)

 

決勝はスタートから抜け出してそのままトップでゴール。

この日は出来すぎなくらい2WD、4WDともに走ってくれましたね~

2次予選に向けて更にセットを進めていこうと思います。

 

タッキーも両クラス通過しましたよ!

 

 

2014年05月13日

昨日はJMRCA電動オフロードカーの一次予選が行われました。

天気が非常に良くハイサイドな予感しかしないw

 

ぽかぽか陽気で参加者も多かったですね~

今年はNEWマシンが多くレース中のマシンの挙動等、見ていて楽しかったです。

 

私はD413(ラジマガ号)とRB6で参加しました。

 

そして今年は全日本選手権にタッキーも参加するため予選に出場。

ほとんど練習時間が無いままの参加でしたがやはり速いよこの男・・・

 

オープンはもちろんD413。バッテリーはもちろんDryHop

  

D413もユーザーさんが多数でした。

 

さて予選ですが今日はオープンからお話します。

ヤタベで人気のシュマッカータイヤはHDCを走行している選手には定番のタイヤでしたが

リアのみの話で、フロントにシュマッカーはとても安定して走行することができない

とんでもないタイヤとして評価されていました。

ところがヤタベで皆使ってるとなると全日本を見据えてこちらも使うしかありませんので

これに合せてセットアップ。うん、かなかいい感じ。というか速い。

ちなみにこのタイヤはピンのカットで好みの特性にします。

ただ、どこまでもコーナリング速度を上げられそうで突っ込んでみるとハイサイドという

こまった現象も起こりラップタイムとにらめっこしながらコーナリング速度を控える作戦で

今回は乗り切りました。

タッキーは前後、センターデフを柔らかめにセットしギャップに強いマシンに仕上げていました。

私は練習時よりも少々固めのセンターデフを使用しましたが、練習走行でいまいち・・・

 

予選1ラウンド目

まずはそこそこのタイムを出したいと思い慎重に走行しましたが何故かミス連発。

センターデフが少々硬いようで思うようにスロットルが入れられません。

5台中4位とがっかりな結果に(笑)

2ラウンド目までにセンターデフのオイルを交換することにしました。

やはりスペアで何個か必要ですね~ レース中これをやるのはしんどい・・・

コースマーシャルを弟に一度代わってもらいました(ありがとう!)

 

予選2ラウンド目

センターデフを柔らかめ(100000番を1g→0.7g)に変更し

フロントキャンバーを-3°から-2°しにてフロントを若干逃がす方向でセッティング。

中古タイヤの使用も考えましたが新品のほうがラップが良いので新品を使用。

鬼門の1周目は綺麗にクリアしましたがその後は大ミス、小ミスが続き「ああだめだな」と思いました。

ただ、ベストラップは他の選手よりも0.5~1秒近く速いのでリラックスして頑張ってみることに。

2分以降はミス無く走行してこのタイムで暫定トップになることができました。

肩の力抜くって大事だなと改めて思いましたねぇ(笑)

 

予選3ラウンド目

持ちタイムがなかなか良いのですがまだまだタイムを出してくる選手は多く居ますので

更にタイムアップを狙います。マシンの状態は非常に良いのでキャンバーチェック程度で終了。

初めの1分はなかなかのペースで「きたかな?」と思ったのですが小ミスが多く

トップゴールしたものの2ラウンド目のタイムを更新することが出来ませんでした。

途中タッキーと絡んでしまいタッキーのマシンが破損・・・ すみません・・・

 

2ラウンド目のタイムが全体のベストとなり一次予選をトップで通過することができました(嬉)

 

この後に行われた決勝レースでは路面の状態が私のマシンにぴったりはまりトップゴール。

HDCでD413デビューウイン!

 

スタート後に数周付いてくるマシンがいたんですが・・・

こいつだ~

D413にチェンジしたたくちゃんです。

この日シェイクダウンという舐めた奴です。練習もしてません。でも速さは見せてましたね。

居残り練習会ではタッキーにいろいろ教わってたみたいですよ(笑)

セッティングも共有できるので今年の全日本は楽しみですね^^

2014年05月09日

11日は一次予選なのでD413のメンテ中。

ギア関係は全く問題なしですね。

ベアリングのチェックとユニバのグリスアップがメインでした。

サスペンションアームに若干ガタが出ていますが許容範囲内と思いましたのでそのまま使用。

リアダンパーステー(プラのほう)にちょっとだけクラックが見つかったので交換しておきました。

練習ならぜんぜん使いますレベルです。

う~ん、かなり丈夫ですね。

一見めんどくさそうなデフへのアクセスもねじ数本でOKなので意外と簡単です。

パック数にして50パック以上走行しているのでこの耐久性はうれしいですね~^^

 

最近HDCサーキットではD413のユーザーが増殖中です。

先日サーキットを見学に来た方がD413の走りと頑丈さを見てお買い上げ!

完成が楽しみですね~^^

2014年05月08日

人工芝のサーキットでは5.5Tとか使ってるようで・・・

去年までは全日本の土コースを想定して7.5T~8.5Tを使っていましたが

今年は人工芝なので私もターン数を減らしています。

RB6はVspecFL8.5TからG-FORCE5.5Tへ変更。

D413はVspecFL7.5Tから新発売の5Tへ変更しました。

トップエンドはブーストを使っていたのでさほど変わりませんが、スロットルの反応はもの凄いことに。

それでもアンプのセットで使えるようになりました。

パワー感がすごいとはいえサベージFLUXに比べたらぜんぜん余裕ですね(笑)

«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | ... 70 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス